伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

ウイークリー講座

にっぽんの常識 ウイークリー講座

第32回 『一月いぬ、二月はにげる・・・』

あっという間に立春が過ぎ、例年にない厳しい余寒となりましたが
花の便りも間近に聞かれるようになりました。

 一月いぬ(往ぬ、居ぬ、去ぬ、行く)
 二月はにげる(逃げる)
 三月さる(去る)

 うまく言ったものです。

一月は、お正月や新年の行事が相次ぎ、
二月は、もともと28日と短く、
三月は、年度末やら新年度の準備などで
 あっという間に過ぎ去ってしまう、
 過ぎ去るだけでなく思うように進まない。

私事で恐縮ですが、
いま2月末、追われるかのように
 一生懸命「逃げている」のが現状です。

しっかりと地に足をつけ、
暖かい春を迎えたいと思っています。

過去の講座をみる



このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休