伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

ウイークリー講座

にっぽんの常識 ウイークリー講座

第35回 『お中元(ちゅうげん)』

中国では、
旧暦1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」とよび、それぞれの日に供え物をして神をまつるならわしがありました。

日本では、このうち中元だけが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ、7月15日)と結びつき、祖先の霊にそなえるための贈り物を近親者でやり取りするようになりました。
その後、日ごろ御世話になっている方へ贈り物をする風習となりました。

7月初旬~8月初旬。

過去の講座をみる



このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休