伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

ニュース詳細[中野亘陶展 ~音をかたちに カタチを音に~]

KICC 新着情報

前の記事 次の記事 2015年 新着情報一覧

中野亘陶展 ~音をかたちに カタチを音に~

中野亘陶展 ~音をかたちに カタチを音に~1


京都国際工芸センター WAZAGUギャラリーでは5月19日(火)より陶芸家の中野亘氏による個展「中野亘陶展 ~音をかたちに カタチを音に~」を開催いたします。

新潟県出身の中野氏は京都で陶芸を学んだ後、30年前から滋賀県に窯を設け陶作を続けています。これまで国内各地、海外の美術館やギャラリーで作品を発表してきましたが、最近は京都・法然院等の寺院など美術館以外での空間とのコラボレーション展示や演奏活動を行い、土の造形と響きを空間全体で体験できる、従来の枠にとらわれない表現活動を行っています。
今回は「白い器と黒い土笛の響き合い」をテーマに、土笛や生活陶器などを展示します。

また、多くの方に中野氏の作品世界を体験していただくため、会期中にギャラリートーク「土笛の話と演奏」を開催いたします。


展覧会概要

展覧会名: 「中野亘陶展 ~音をかたちに カタチを音に~」
会   場: 京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
(中京区高倉通三条下ル丸屋町165 市営地下鉄烏丸線烏丸御池駅より徒歩5分 京都文化博物館から高倉通を南へ50m)
会   期: 2015年5月19日 (火)-6月1日(月)  10:00―18:00 会期中無休 (最終日のみ15:00まで) 
展示内容: 陶製の笛「土笛」、生活陶器、など 
入 場 料:無料


ギャラリートーク開催

「土笛の話と演奏」(5月24日(日)14:00~ 参加無料)


中野 亘プロフィール

1953年 新潟市生まれ。京焼・八代目高橋道八に師事。
1978-79年 南米ペルーにてプレ・インカの土器を研究。
1985年 工房を滋賀県東近江市に開く。
1989年 朝日陶芸展入選
各地で陶展を開催。作陶の傍ら自作の土笛で演奏活動も行う。土の息吹を感じとりながら、土の造形と土の音が織りなす響きに独自の世界を見出す。
2002年 個展(新潟・妙光寺、京都・法然院)
2003年 高台寺 方丈前庭(京都)に於いて「春宵」をテーマにオブジェ制作。
2005年 個展(Brums Verk・Norway)
2005年 個展(京都・法然院)
2010年 中野亘陶展in妙光寺(新潟)
2011年 テレビCM「陶芸作家・中野亘」篇(滋賀銀行)が、「第14回環境コミュニケーション大賞」テレビ環境CM部門で「優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞。
2014年 陶展―白の呼吸―(京都・法然院)

2015-05-15 16:48:55

前の記事 次の記事 2015年 新着情報一覧


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休