伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

ニュース詳細[「能楽における工芸品の技と魅力」シンポ 黒竹理事長がコーディネータに]

KICC 新着情報

前の記事 次の記事 2012年 新着情報一覧

「能楽における工芸品の技と魅力」シンポ 黒竹理事長がコーディネータに

 

第7回 京都美風シンポジウム が開催されます。

ご関心のあるお方はゼヒご参加ください。

 

と き:11月27日(火)16:00 18:00

ところ:金剛能楽堂(地下鉄今出川駅下車、6番出口より徒歩5分)

 

ユネスコ無形文化財遺産に登録される日本の伝統工芸

金剛流能楽師、「能楽」を支える工芸品の職人から

華やかな「能楽」にまつわる工芸品の魅力が語られます。

 

 

基調講演 16:10

 「シテ方としての思い」金剛流二十六世宗家 金剛 永謹

 

パネルディスカッション 17:00~ 

 「シテ方 × 職人 能楽を支える工芸品の魅力」

 

 パネリスト   見市 泰男 (能面打)

         山口 巌 (山口織物)

         宇高 通成 (金剛流能楽師)

 コーディネータ 黒竹 節人 (当センター理事長)

                        (敬称略)

 

主 催:京都商工会議所工芸産業振興特別委員会

共 催:公益財団法人金剛能楽堂財団

参加料:無料

 

参加ご希望のお方は、事務局  075-223-5353 info@kicc.or.jp 

2012-11-12 11:37:00

前の記事 次の記事 2012年 新着情報一覧


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休