伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

ニュース詳細[Pagos 夏の帽子展]

KICC 新着情報

前の記事 次の記事 2013年 新着情報一覧

Pagos 夏の帽子展

Pagos 夏の帽子展1


WAZAGUギャラリーにて「Pagos-夏の帽子展」を開催しています。
型の技法を用いたスタイリッシュな夏物帽子を中心に、様々な生地を組み合わせ、性別・年齢を問わず楽しめるポップでカジュアルな帽子など約80点を展示します。
どの帽子も今では手に入りにくい上質の材料が用いられており、本格的な技法を使って作られていますが、ツバのエッジの形を思い通りに変えられたり、リバーシブルになっているなど、至るところに「これぞPagos!」という工夫が凝らされています。

「Pagos」は安田広実・久美子夫妻が大津市で2年前に始められた帽子工房です。熟練帽子職人の下で長年修行をされ、確かな技術に裏打ちされた斬新な発想で「心を動かす」をキーワードに従来の「帽子」のイメージにとらわれないオーダー帽子、オリジナル帽子を制作されています。
性別、年齢に関係なく帽子を楽しんでもらいたいというお二人。工房名「Pagos」には、ガラパゴスの生き物のように、従来の枠にとらわれない「固有種」のような作品を創造したいという願いが込められています。


展示会概要

会  場 : 京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
   (中京区高倉通三条下る 地下鉄烏丸御池駅徒歩5分文化博物館から高倉通を南へ50m)
会  期 :  2013年6月11日 (火)-6月24日(月) 
10:00―18:00 会期中無休 (最終日のみ15:00まで) 


ICCギャラリートークのご案内

第2回ICCギャラリートークを6月20日(木)に開催します。今回はオーダー帽子・創作帽子Pagosの安田広実さん・久美子さんに、WAZAGUギャラリーで展示中の帽子の素材や技法の違いや、帽子のかぶり方、さらにはお二人の修業時代のことなど、興味深いお話をしていただきます。

また、ギャラリーで展示中の88点の帽子からお好きなものを選んで実際にかぶっていただき、その場でカメラマンが撮影したあなたのポートレートをプレゼント! ぜひともこの機会にご来館ください。

                           第2回 ICCギャラリートーク「Pagosの帽子入門講座」
                           2013年6月20日(木) 午後2時より 
                           参加無料

2013-06-11 15:38:52

前の記事 次の記事 2013年 新着情報一覧


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休