伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

waza-guたより

waza-guたより

前のページ   次のページ 1234567891011

【豊岡柳 KAGO展】 展示解説 1

【豊岡柳 KAGO展】 展示解説 1
【豊岡柳 KAGO展】 展示解説 1



展示解説「豊岡で育てるコリヤナギの一年半」より 「春~夏」

春。柳の株から柔らかい新芽がたくさん出てきます。株は数年かけて大きく(太く)なります。植えて一年目の柳は株を育てるのに力を使い、編み素材が取れるまでには数年かかります。柳が青葉のころは虫の害や病気などにもかかりやすく、職人は度々畑に足を運び成長を見守ります。

夏。2mを超える高さに育ち葉も茂り風に吹かれています。この頃もまだ芽摘みは続いています。背丈が2mを超え始めると畑の中心には日光が届きにくくなり、風もこもりがちにになります。その中にわけ行って背伸びしながら高い柳の芽摘みをします。

夕方、陽が沈みはじめたくらいから虫の音を聞きながら柳と語らいます。ざわざわ揺れる柳は海原のようで酔いそうにもなります。夏は全国でも有名なくらい暑い豊岡。
柳が枯れないように水を与える作業も加わります。家族の協力なしには柳畑の世話はできません。

「柳は山や川に自生しているものを使っているのでは?」という質問を受けますが、豊岡では職人が自ら柳を栽培し、手間と愛情をかけ育てています。自生したものは曲がっていたり、節ができて行李を編むのに適さない場合が多いのです。

豊岡の柳の伝統は「柳細工」という技法だけでなく、素材となる良質の柳を育てるというところから始まります。農業と工芸を併せ持つ、とても稀少な伝統的工芸といえます。

春は柳が一番成長するときで、たくさんの新芽がぐんぐん伸びます。5月くらいにはあっという間に1m50cmくらいまで伸び、脇芽もたくさん出てきます。

職人は畑に出ては、必要な素材を考えながら芽摘みをします。節のない長い柳が必要な場合は芯になる柳を決め、新芽はどんどん摘みます。編む籠によっては「籠の柱役」となるタテリが必要となります。このタテリとなる2mmくらいの細長い柳の枝が必要となる場合は、選んだ新芽を育てるように芽摘みし伸ばします。爪楊枝くらいの小枝が必要なこともよくあります。その場合もその枝が育つように工夫して成長させます。

春の畑が来年使える素材を揃える一番大事な調整をするときです。

【豊岡柳 KAGO展】 展示解説 1

2016-02-24 10:56:08

ページトップへ戻る

「豊岡柳 KAGO展 2016 柳行李と鞄の物語」が始まりました

「豊岡柳 KAGO展 2016 柳行李と鞄の物語」が始まりました


WAZAGUギャラリーにて、企画展「豊岡柳 KAGO展 2016 柳行李と鞄の物語」が始まりました。

兵庫県豊岡市に古くから伝わる「杞柳細工」(きりゅうさいく)は、柳製品では全国で唯一伝統工芸品に指定されています。その杞柳細工を現代的なデザインで日常用のバッグなどに活かした製品を展示するほか、柳の栽培、材料の加工、かご編みの技などについて写真で解説するコーナーもあります。

兵庫県の豊岡地方は、柳細工の原料となるコリヤナギの産地として千年以上の歴史があり、奈良時代には豊岡の柳筥(やなぎかご)が正倉院に上納されています。代表的な柳細工である柳行李の生産が盛んになったのは江戸時代。昭和まで文箱、小物入れ等に広く家庭で使われてきました。明治以降は持ち手を付けることで旅行鞄などとして広く用いられ、柳細工は入れ物から鞄へと変貌を遂げました。

併設の特別展示「マスミ鞄嚢 百年の歩み」では、豊岡の鞄産業の歴史を体現する老舗鞄メーカーの歴史を紹介するパネルのほか、歴代の製品など貴重な資料を展示しています。

◆豊岡柳 KAGO展 2016 柳行李と鞄の物語
主 催: 一般社団法人京都国際工芸センター 拓心(japan-source)
協 力: 兵庫県鞄工業組合 ㈱マスミ鞄嚢
会 場: 京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
(中京区高倉通三条下る 地下鉄烏丸御池駅徒歩5分 文化博物館から高倉通を南へ50m)
会 期:2016年2月16(火)~2月29日(月)  10:00-18:00 会期中無休 (最終日のみ15:00まで)

「豊岡柳 KAGO展 2016 柳行李と鞄の物語」が始まりました

2016-02-16 10:45:49

ページトップへ戻る

京都精華大学にて基調講演が行われました

京都精華大学にて基調講演が行われました
京都精華大学にて基調講演が行われました


京都精華大学にてA-FADのマグダ・ポロ理事長の基調講演が行われました。

その後、トニ・クメヤ(陶芸)、ビクトリア・ラバル(紙工芸)の両氏が講義とワークショップを行いました。



京都精華大学にて基調講演が行われました
京都精華大学にて基調講演が行われました

2015-10-22 16:45:27

ページトップへ戻る

スペインの職人が京都の伝統工芸の産地・工房を訪問

スペインの職人が京都の伝統工芸の産地・工房を訪問
スペインの職人が京都の伝統工芸の産地・工房を訪問


カタルーニャのかご職人ジョアン・ファレ(Joan Farre)さんが京都の伝統工芸の産地・工房訪問に行ってきました。

・向日市の東洋竹工で大塚社長から竹工芸品の説明を受ける。
・竹製の電気自動車を運転。
・洛西竹林公園・竹の資料館で竹の種類や生態を学ぶ。
・南京玉簾の技ををマスター。
・竹美斎石田の名工石田正一氏の工房を訪問。驚異的な技に感嘆。「いつかこのような作品を作ってみたい」
・高台寺では完成した自作の竹のオブジェの最終チェック。


スペインの職人が京都の伝統工芸の産地・工房を訪問
スペインの職人が京都の伝統工芸の産地・工房を訪問

2015-10-20 16:40:05

ページトップへ戻る

京都・スペイン工芸交流ラウンドテーブル

京都・スペイン工芸交流ラウンドテーブル
京都・スペイン工芸交流ラウンドテーブル


京都・スペイン工芸交流ラウンドテーブル(アーティストトーク)が開催されました。

午前の部ではファッション、ジュエリーの分野から、染色家のキマ・ギタールおよび宝飾工芸家ロック・マジョラルの両氏が、自らの作品について、また、現在の世界的な活躍に至るまでの創作活動の変遷について語り、スライドを用いて解説しました。

キマ・ギタール氏はパリでの修業時代に日本の技法からインスピレーションを受けたことや、すべての世代を対象とする自らのファッション哲学について語りました。

また、ロック・マジョラル氏は、父のエンリック・マジョラル氏が創設した宝飾ブランドについて、その理念や新素材を組み合わせた近年の作品制作の取り組みなどについて解説しました。

それを受けて、日本側からは染色家の本郷大田子氏、および金属工芸家の中村佳永氏が、それぞれの創作活動について説明しました。進行役を務める京都精華大学の佐藤啓二教授は、スペインと日本の工芸家の技法の共通性や相違点について、また、4人の発表には、顧客のニーズにどのように応えるかというテーマが共通していると指摘しました。

午後の部では、建築・芸術などの分野で現代的な展開によって注目される3人の工芸家が登壇しました。

紙工芸家でカペヤデス製紙博物館館長のビクトリア・ラバル氏は、博物館とカタルーニャの紙産業の歴史、そして自らが近年取り組む作品や他の分野とのコラボレーションについて語りました。

和紙造形家の伊部京子氏は、近年のアメリカでの舞台上演の取り組みなどのビデオ上映を糸口に、ラバル氏ら現代の紙作家の活躍の素地を築いた紙工芸運動についても解説しました。
籠編みの技術を用いた植物の建築物で知られるジョアン・ファレ氏は写真のスライドを用いて自らのプロジェクトを解説し、ユニークな取り組みの数々に会場からも驚きの声が上がりました。

続いて登壇した東洋竹工の大塚正洋社長も、京都大学などと共同開発した竹製の電気自動車を映像で紹介しました。

建築陶板の分野で世界的に活躍するトニ・クメヤ氏は、四世代にわたる製陶会社の歴史から説き起こして、自らの代から取り組んだ建築分野でのセラミックの応用を豊富な写真を用いて解説しました。

続いて陶芸家の中野亘氏が自らの陶歴と、器とそれらが置かれる場の響きあいという独自の視点からの陶芸論、近年の寺院など祈りの場でのインスタレーション展示などについて解説し、最後に自作の陶製の笛・土笛の演奏をもってアーティストトークを締めくくりました。

京都・スペイン工芸交流ラウンドテーブル
京都・スペイン工芸交流ラウンドテーブル

2015-10-19 16:31:47

ページトップへ戻る

前のページ   次のページ 1234567891011


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休