伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

waza-guたより

waza-guたより

前のページ   次のページ 678910111213141516

中谷さんと見る写真展 その2


中谷さんの写真の持つ魅力は、撮影者の目を通して世界各地のさまざまな地方や街を旅しているような体験ができるところにあると思います。旅した土地の思い出を持ち返るように、写真の中に切り取られた街や風景を手元に置きたくて、中谷さんのポストカードを集めている方も多いのではないでしょうか。
今回もギャラリーで展示中の作品の中から印象的な風景や街の写真を選んでご覧いただきましょう。



―これはどこの街ですか?

中谷 「ギリシャのコルフ島です。ここはギリシャといってもイタリア寄りで、アドリア海のベネチア文化の影響が強いところです。ギリシャでは白い壁の建物が多いのですが、ここでは色とりどりの建物と、ベネチア風の教会の塔がある街並みがユニークです」


―中谷さんはネコの写真も多く撮られていますね。

中谷 「ネコの凛としたたたずまいが好きなんです。ネコだけではなく、周囲の風景や街並みの中にネコを配した写真を撮るように心がけています。この写真はマケドニアのリゾート地で早朝に撮ったものですが、なかなか美人のネコで気に入っています」

 

―これはどこの写真ですか?

中谷 「これはコソヴォです。コソヴォのイスラム教徒の多いところにはこれと似た橋がいくつもあります。この街は紛争の被害がほとんどなかったところで、今では観光地になっています。ドームと尖塔があるのがモスクで、その奥には教会もあります。


 

―この写真は最近行かれたミャンマーですね。中谷さんはかなりの数の国に行かれていますが、東南アジアへはわりと最近行かれるようになったのですか?

中谷 「アジアに行くようになったのは6、7年前からです。この写真はミャンマーの有名な寺院があるパガン山で撮ったものです。東南アジアは湿気を含んだ独特の色彩と空気感があり、ヨーロッパとはまた違う写真が撮れます」


 

―次の写真は中谷さんのお気に入りだそうですね。

中谷 「これは万人向けではないけれど、わかる人にはわかる玄人向けの写真かな。これを撮ったのは南イタリアのロコロトンドというところで、トゥルーロという、石積みのとんがり屋根が特徴の建物が多くあるので有名なところです。奥のトゥルーロはよく見ないと気が付かないのですが、手前からのびる小道や石垣、周囲の木々につつまれて、トゥルーロだけが前面に出ず、周囲の環境に調和しているところが気に入っています。


中谷さんのホームページには、写真付きの旅日記のコーナーがあります。すばらしい写真が盛りだくさんの楽しい内容ですのでぜひともご覧ください。
ホームページには各地のマーケットや手づくり市での中谷さんの出展予定も掲載されています。



「中谷守一写真展~印象・旅の風景より~」は、3月2日(日)まで
10:00-18:00 会期中無休(最終日のみ15:00) 

2014-02-28 18:22:19

ページトップへ戻る

中谷さんと見る写真展



ギャラリーにて「中谷守一写真展~印象・旅の風景より~」を開催中です。毎年2月に開かれるこの写真展を見に多くの方がWAZGUを訪れます。中谷さんの写真を見るのはもちろんですが、写真にまつわる旅のエピソードを直接聞けるのも、この写真展の楽しみです。

今回は、ギャラリーで展示されている写真に中谷さんのコメントを添えて、中谷さんのお話を聞いているつもりで何点かの作品をご覧いただきましょう。




今回の写真展で展示されている新作の写真はどこで撮影されたのですか?

中谷 「今回の旅は、昨年夏にベネルクス、ルクセンブルクからバルカン半島のアルバニア、コソボなどを経て、イタリア、ギリシャを巡ったのと、今年初めに行ったミャンマーです」

今回の展示は水辺の風景を写し取った作品が目立ちます。こうした作品では、水面や空の色の変化や、全体の構図が日本画を思わせます。

中谷 「このミャンマーのマンダレーの写真は完全に絵の構図ですね。もともと絵を描くためのスケッチの代わりに写真を始めたので、風景を撮るときはいつもスケッチをする感覚なんです」




次の写真もどこまでも広がる川と空のグラデーションが印象的です。このように空気の中に湿気を含んだような風景はやはり雨の多い東南アジアならではですか?

中谷 「実はこの写真を撮ったとき現地は乾季でした。雨季と乾季では風景が一変するんですが、こんな広がりがある写真が撮れるのはイラワジ川のような大河のほとりだからですね。




この写真はものすごい数の塔がツンツン立っていてすごい景色ですね。

中谷 「これはミャンマーのシャン州のカックーというところにある仏塔群で、功徳を積むために寄進されたもので、一つの家ごとに一つの仏塔があり、古いものは300年くらい前に建てられたそうです。一緒に写っている人を見ればわかるように、実はそれほど大きいものではなく、中に人が入れるように入口が付いています」



次の写真はどこで撮られたのですか?

中谷 「マケドニアのオフリド湖というところです。マケドニアの南部にある保養地で、ヨーロッパでは格安で過ごせるリゾートの穴場として知られています。独特のひなびた雰囲気の場所でした。この湖はとても透明度が高く、青い空と遠くの山並みに溶け込むような広がりが印象的でした」



この写真はギリシャですね。

中谷 「ギリシャのコルフというところにある水上教会です。中央の糸杉のある白い建物が教会で、右側の木が茂っている島が修道院です。修道院には協会から出ている船に乗って行きます」

中谷さんの写真は、ギリシャの青い海のような鮮やかな色でも柔らかく落ち着いた色調にプリントされていますね。

中谷 「それを一番の売りにしています。テカらないようにマット紙に顔料系の12色のインクで印刷しています。色をチェックできるように自分でプロッターで印刷しています」




写真の素晴らしさはもちろんですが、自分で撮影、印刷、販売する中谷さんのスタイルの利点は、お客さんの希望に合わせて好みの写真を探し出すのをお手伝いしたり(ポストカードが何千枚もあってとても一度には見られません)、気に入った写真を好みの大きさにプリントして送ってくれるなど、きめ細かなサービスにあると思います。
それに何よりも、写真にまつわる旅のエピソードを直接聞けるのが写真展の楽しみです。

「中谷守一写真展~印象・旅の風景より~」は、3月2日(日)まで開催しています。 
10:00-18:00 会期中無休(最終日のみ15:00) 

2014-02-23 15:52:40

ページトップへ戻る

ラルベロ ベネチアンガラス体験教室

ラルベロ ベネチアンガラス体験教室



毎年冬恒例の、ベネチアガラス工房ラルベロ「ベネチアンガラス体験教室」が、1/31~2/2の3日間、京都国際工芸センターWAZAGU4階の工房で開かれました。
WAZAGUでは、ここ4F工房の他にも5Fの教室などで、工芸・手芸のワークショップや教室が開かれています。

今回のガラス教室では、ベネチア出身のガラス作家ピーノさんのアドバイスを受けながら、細長い色つき・模様入りのガラス棒を思い思いに並べて炉で焼く「ミクロフジョーネ」という技法で、ペンダントトップ、リング、ブローチ、飾り皿などを作ります。

ガラス棒の隙間をクリスタルガラスが埋めて、全体が小さく縮む(だから「ミクロ」という)ので、出来上がりを想像しながら、ガラスをレイアウトしていきます。うまくいけば思い通りのパターンができあがります。花の模様入りのガラスは、互いに溶け合わないように、数を少なめにしてポイント的に使うのが成功の秘訣だそうです。

炉で焼く前のガラスです。まるで氷菓子みたい!スプーンで食べてしまいたくなります。


ラルベロ ベネチアンガラス体験教室

2014-02-02 16:26:07

ページトップへ戻る

梅の花

梅の花

ここ数日は雪の降る日もあり、まだまだ寒い日が続きますが、WAZAGUのご近所の旅館の玄関先に梅の花のつぼみを見つけました。

2014-01-19 12:49:16

ページトップへ戻る

クリスマスプレゼント&ギフトフェア

クリスマスプレゼント&ギフトフェア
クリスマスプレゼント&ギフトフェア


紅葉の見ごろも終わりに近づき、いつの間にか寒い冬の足音が聞こえてきました。
WAZAGUギャラリーでは、これからのクリスマスのシーズンに向けて、贈り物にぴったりの心あたたまる手づくりを集めた「クリスマスプレゼント&ギフトフェア」を開催中です。

帽子やマフラー、ショール、クリスマス柄のネクタイといった服飾品から、クリスマスらしい室内を演出する引染のクリスマスツリー・ワインバッグや、クリスマスリースといったインテリア品、ハンカチやポーチ、アクセサリーなど、ギャラリーは賑やかでハートフルな雰囲気に包まれています。

とぼけたような表情の創作フェルトの動物たちは、見ているだけでほのぼのした気持ちになります。

「クリスマスプレゼント&ギフトフェア」は12月25日まで。12月3日からは「Pagos帽子展」開催のため店内常設スペースに展示替えします。


クリスマスプレゼント&ギフトフェア

2013-11-30 10:46:29

ページトップへ戻る

前のページ   次のページ 678910111213141516


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休