伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

waza-guたより

waza-guたより

前のページ   次のページ 1234567891011

Brilliant ~金銀細工の装身具展~


 金属工芸家大上浩司さんの個展 Brilliant ~金銀細工の装身具展~がWAZAGUギャラリーで始まりました。

 シンプルかつスタイリッシュなシルバー、ゴールドのペンダントやリング、ピアスなどのアクセサリー100点以上を展示しています。


 普段の生活の中で身に着けられる洋風のアクセサリーですが、和のテイストを取り入れ親しみやすくも格調高いデザインです。技法は伝統の彫金そのもので、唐草模様の透かし彫りや1ミリにも満たない花弁一枚一枚まで細かく彫られた彫金の技は見事の一言です。


 会場で彫金の実演されているのを見せてもらいましたが、非常に細かいレリーフをたがねで彫りこむ様子はまさに職人。繊細な作品からの印象とは異なりとても気さくで楽しい方です。大上さんの隠れた特技は英語で、外国人観光客に流暢に作品の説明をされているのには驚きます。


 工房名のCanteteには、Can=貫・tete=手々、つまり「手作りを貫く」という信念が表わされています。

◆大上浩司 Brilliant ~金銀細工の装身具展~
期間:8月22日(土)~8月31日(月)
26日、29日、30日、31日は在廊予定 実演も行っています

会場:京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
(京都市中京区高倉通三条下ル 市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池駅より徒歩5分 京都文化博物館前の角から高倉通を南へ50m)

お問合せ:京都国際工芸センター TEL 075-223-5353

2015-08-24 11:06:44

ページトップへ戻る

暮夏の涼~京都竹工房ゆうすい×伊藤ナツキ二人展~


WAZAGUギャラリーにて「暮夏の涼~京都竹工房ゆうすい×伊藤ナツキ二人展~」を開催中です。

細く繊細な竹で編まれた果物かごや花籠、淡い色彩の吹きガラス作品や風鈴は見た目も手触りもひんやりと涼しさを感じさせてくれます。



京都竹工房ゆうすいさんと伊藤ナツキさんの竹風鈴

洋のガラス風鈴に和の竹を組み合わせたコラボ作品です。透明&ブルーのガラスに竹編で陰影と涼を表現しました。ゆうすい山崎智子さんと伊藤さんは幼なじみだそうで、度々二人展やグループ展などで一緒に出展されています。



ガラス作家伊藤ナツキさんの吹きガラスの技法で作られた、金魚鉢と金魚すくいのオブジェです。本物の水と錯覚しそうな透明なガラスの中を赤い金魚が泳いでいます。



京都竹工房ゆうすいさんの、無双籠親子四つ目。

細い竹材で繊細に編まれています。直径は25センチほど、果物を盛るのにちょうどよい大きさです。とても丈夫にできているので簡単には壊れません。生活の中で使っていきたい竹製品です。



伊藤ナツキさんの、クレマチスの大鉢・小鉢。

薄明かりの中で染みいるような淡い紫色は、夏の昼下がりによく似合います。


◆暮夏の涼
出展作家:京都竹工房ゆうすい 伊藤ナツキ

期間:8月11日(火)~8月21日(金)

会場:京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
(京都市中京区高倉通三条下ル 市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池駅より徒歩5分 京都文化博物館前の角から高倉通を南へ50m)

お問合せ:京都国際工芸センター TEL 075-223-5353

2015-08-12 14:13:36

ページトップへ戻る

夏のガラス展始まりました


WAZAGUギャラリーでは「夏のガラス展」を開催中です。

ガラス作家の小原宏充さんをはじめ、ステンドグラス作家の藤本滋子さん、吹きガラスの器などを制作する真野美千代さん、ガラスのアクセサリーを手掛けるtubu/山口美紀さんの4人のガラス作家の作品を展示しています。



器やオブジェ、アクセサリー、ステンドグラスなどが所狭しと並べられ、使われている技法も、吹きガラスを中心に、バーナーワークなどさまざまです。


ガラス作品の数々は、作家それぞれの個性を反映してスタイリッシュなもの、かわいらしいもの、アイデアあふれる作品などバラエティー豊かで、耳に涼しい風鈴の音が響く中、夏にふさわしい目の楽しみです。



◆夏のガラス展

出展作家:小原宏充 藤本滋子 真野美千代 tubu/山口美紀

期間:7月6日(火)~7月20日(月)

会場:京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
(京都市中京区高倉通三条下ル 市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池駅より徒歩5分 京都文化博物館前の角から高倉通を南へ50m)

お問合せ:京都国際工芸センター TEL 075-223-5353 

2015-07-07 15:30:50

ページトップへ戻る

夏の手仕事3人展


WAZAGUギャラリーにて、かぎ針編みアクセサリー、ワンピース、麻のバッグや小物、ガラスの花入れやランプなど、夏にふさわしい品々を集めた「夏の手仕事3人展」を開催中です。



仲井邦江さんのワンピースやトップスは、夏にふさわしくゆったりとして生地も涼しげです。サークルや四角を組み合わせて連ねた手編みネックレスは、リズミカルな形の面白さといろいろな服とのアレンジが楽しめます。とても軽いので身につけていて疲れないのも魅力です。



琵琶湖の西の山里の自然に囲まれて手づくりに精を出されている工房余歩余歩の若山久夫さん・佳代子さん夫妻。



久夫さんはヨーロッパのグラビュールの技法でガラスに繊細な模様を削って灯りや花入れを、佳代子さんは韓国のポジャギのタペストリーや小物、和布を使ったバッグ等を作られています。お二人とも、光が透き通る清楚な作品という点で共通しています。涼しげな品々は夏にぴったりです。


◆夏の手仕事3人展

出展作家:kunie 若山久男 若山佳代子

期間:6月30日(火)~7月6日(月)

会場:京都国際工芸センター WAZAGUギャラリー
(京都市中京区高倉通三条下ル 市営地下鉄烏丸線・東西線烏丸御池駅より徒歩5分 京都文化博物館前の角から高倉通を南へ50m)

2015-07-02 17:02:41

ページトップへ戻る

Arts Craft Japan×Studio MARIPOSA 木の家具と貝のアクセサリー 作品展



WAZAGUギャラリーでは「Arts Craft Japan×Studio MARIPOSA 木の家具と貝のアクセサリー 作品展」を開催中です。



Arts Craft Japanの渡邉主税さんは、シンプルながらも非常に洗練された細かいところまで考え抜かれたデザインの家具や木工作品を作られています。



渡邉さんの家具は木の質感豊かで、一枚板のテーブルの木目の模様や色の美しさには本当にほれぼれとします。すらりとした椅子やスツールのデザインも素敵です。



木の温かみと自由な曲線で親しみやすい小物類も種類が豊富です。カッティングボードやコースター、スプーンなどのカトラリーは見て楽しく使うほどに愛着がわいてきます。



Studio MARIPOSAの井上知子さんは、淡水パールやマザーオブパール(真珠が採れるアコヤ貝など)を主に用いたアクセサリーを作られています。



淡水パールは小さいものという印象がありましたが、井上さんの作品には大粒のパールをふんだんに使った華やかなネックレスから、小粒のかわいらしいイヤリングやピアスまでバラエティー豊かです。



淡水パールは形もさまざまで、その形をうまく生かして発想豊かにデザインできるのも淡水パールならではです。茄子やドングリの形がかわいいアクセサリーです。



アコヤ貝や白蝶貝を用いて蝶や花など自由な形にカットしたアクセサリーは、繊細かつ華やかです。カジュアルながらもどこか和の雰囲気を醸し出しているのは、「元祖デコ系」といわれる螺鈿細工を思わせるからでしょうか。


◆Arts Craft Japan×Studio MARIPOSA 木の家具と貝のアクセサリー 作品展
会期:2015年6月16日(火)~6月29日(月) 10:00-18:00 会期中無休(最終日のみ15:00まで)
会場:WAZAGUギャラリー
(京都市中京区高倉通三条下る 地下鉄烏丸御池駅徒歩5分 文化博物館から高倉通を南へ50m)
お問合せ・お申込み:TEL:075-223-5353

2015-06-20 14:29:27

ページトップへ戻る

前のページ   次のページ 1234567891011


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休