伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

waza-guたより

waza-guたより

前のページ   次のページ 1234567891011

ミーヴ染工房 引染の手仕事展「綿・絹・麻」


WAZAGUギャラリーにてミーヴ染工房 引染の手仕事展「綿・絹・麻」を開催中です。
引染(ひきぞめ)は手描き友禅の技法の一つで、独特のグラデーションの表現が特徴です。水平に張った布に刷毛を使って染めていきます。



京都・壬生にて引染一筋で百年以上の歴史を持つ染工場を営む伝統工芸士の信雄さんは、親しみやすく暮らしの中で使える製品に引染を生かそうと、絹だけではなく綿や麻も引染で染める技法を開発し、バッグやポーチ、がま口などさまざまな小物やバッグなどの身近な布製品を作られています。



今回はさんが今年から始められた「出張実演コーナー」がWAZAGUにも登場しました。生地を水平に引っ張って染めるという技法はとても珍しく、説明のため実演して欲しいという声が多かったそうです。しかし十数メートルもある着物の生地を染める工房での工程を再現するために知恵を絞り、折り畳み式の作業台と生地を張る竹から成るセットが誕生しました。



東京や名古屋でのお披露目時には好評だったそうですが、WAZAGUでも入口近くで実演されていると多くの人が足を止め、さんの説明を聞きながら作業を見ています。



専用の刷毛は鹿の毛が使われているそうです。その他、竹でできた道具などもあり専門の職人さんが作っているそうです。



今回もう一つの目玉は引染と「シケ引き」という二つの技法を組み合わせた「ミーヴチェック」です。シケ引きも京友禅の技法で、専用の幅広の刷毛で染めます。シケとは繭の外皮から引きだした細い糸を意味します。それほど細い線の模様を染められるということから名づけられました。引染のグラデーションの中にチェック模様が浮かび上がるなんとも粋なショールです。


ミーヴ染工房 引染の手仕事展は4月13日(月)まで(10時~18時。最終日は15時まで)。
引染の実演・ワークショップは期間中毎日午後から行っています。

2015-04-08 16:24:18

ページトップへ戻る

京都アートフリーマーケット 2015 春

京都アートフリーマーケット 2015 春
京都アートフリーマーケット 2015 春


京都で活動する若手作家・職人の作品と出会えるイベント、「京都アートフリーマーケット2015 春」が京都文化博物館を中心とするエリアで開催中です。京都国際工芸センターWAZAGU会場でも屋外5ブース、ギャラリー7ブースの合計12ブースが出展します。

アクセサリーや雑貨、帽子、イラストなど、さまざまな手作りの品を目当てに来られた多くの方でWAZAGUはいつになく賑わっています。二日目の今日は朝から雨が降っていましたが、その後は晴れてきました。明日もお天気が持てばいいのですが。


3月13日(金)、14 日(土)、15日(日)
11:00-17:30(最終日は17:00まで)

京都アートフリーマーケット 2015 春
京都アートフリーマーケット 2015 春

2015-03-14 13:44:28

ページトップへ戻る

中谷守一写真展



グアナファト(メキシコ)
夕暮れ時、旧市街からの眺め


ギャラリーにて「中谷守一写真・ポストカード展~印象・旅の風景より~」を開催中です。写真展は今回で7回目を迎えますが、毎年この機会を楽しみにして来られる方でギャラリーは連日にぎわいます。中谷さんの写真を見るのはもちろんのこと、写真にまつわる旅のエピソードを直接聞けるのも楽しみです。


グアナファト(メキシコ)
ビビラの丘からの眺め


毎年、中谷さんがどの国に行ってきたのか、どんな写真を撮ってきたのか気になりますが、今回は今までになかった北米大陸と中南米の写真が出迎えてくれます。
風景のスケールの大きさと、ヨーロッパの街にはない色彩が見どころです。
しかし場所は違えど、どの写真にも中谷さんの写真特有の「色」を見ることができます。



パツクアロ(メキシコ)
夜明けの旧市街・ラコンバニア広場にて


もともと絵を描くための素材として写真を撮り始められた中谷さんは、じっくりと腰を据えて写真を撮るよりは、旅先で出会って「いいな」と感じた印象をさっと切り取り、後で他の人にもそれを共有してもらいたいと願っています。
そのためにポストカードやポスターの印刷のためのインクや用紙には特別のこだわりがあります。


ニューヨーク
ブルックリンブリッジの歩道


それに加えて、今回の旅からカメラをミラーレス一眼に変えたそうですが、その場で仕上がりをイメージできることが中谷さんの撮影スタイルと非常にマッチして効率よく撮れるようになったそうです。また、撮影時に写真を加工する「アートモード」の楽しさに目覚めてしまい、意図的に処理を加えた写真も撮るようになったそうです。
もともと人間の目には色が鮮やかに見えるようになっているため、作者が伝えたい印象をよりよく伝えることに成功しています。


バンフ国立公園(カナダ)
マリーン湖にて


世界各地のさまざまな地方や街を旅しているような体験ができる、数百種類のポストカードが集まる機会はなかなかありません。旅した土地の思い出を持ち帰るように、写真の中に切り取られた街や風景を手に取ってご覧ください。


アルゴンキン州立公園(カナダ)
ハートウッド・ルックアウトトレイルにて



「中谷守一写真展~印象・旅の風景より~」は、3月12日(木)まで開催しています。 
10:00-18:00 会期中無休(最終日のみ15:00) 

中谷さんのホームページには、ギャラリー在廊日の情報のほか、各地のマーケットや手づくり市での中谷さんの出展予定も掲載されています。



2015-02-26 16:00:43

ページトップへ戻る

灯と屏風展

灯と屏風展


WAZAGUギャラリーにて、照明デザイナーで和びDESIGN主宰・水野美代子さんの和紙を使った和モダンな照明と、表具師・山品雄三さんの伝統的な技術を使ったオリジナルのミニ衝立や屏風を展示する「灯と屏風展」を開催中です。(2/24まで)
















2015-02-17 13:20:50

ページトップへ戻る

ヒツジパレットの賑わい

ヒツジパレットの賑わい


5日間にわたって行われている「ヒツジパレット2015京都」。
WAZAGUも連日多くの人で賑わっています。



一階ギャラリーでは作品や素材の販売のほかにもスピンドルやニードルの実演が行われています。



ギャラリーではみやこうせいさんの写真展「羊バンザイ」を開催中。



三階ではモンゴルのゲルが出現。
伝統的なフェルトづくりのワークショップなどさまざまなイベントが行われています。



羊毛を敷き詰めたシートでフェルトを作ります。



棒に巻き付けたフェルトをコロコロと転がして固めます。



ゲルの隣では羊の置物を作るワークショップが行われています。



ギャラリーの特設ショップも盛況です。

2015-02-07 11:06:16

ページトップへ戻る

前のページ   次のページ 1234567891011


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休