伝統工芸・クラフト・国際交流 社団法人京都国際工芸センター

京都には、千有余年の昔より職人の手で作られてきた数々の貴重な伝統工芸品があります。

waza-guたより

waza-guたより

前のページ   次のページ 1234567891011

中谷守一写真展



グアナファト(メキシコ)
夕暮れ時、旧市街からの眺め


ギャラリーにて「中谷守一写真・ポストカード展~印象・旅の風景より~」を開催中です。写真展は今回で7回目を迎えますが、毎年この機会を楽しみにして来られる方でギャラリーは連日にぎわいます。中谷さんの写真を見るのはもちろんのこと、写真にまつわる旅のエピソードを直接聞けるのも楽しみです。


グアナファト(メキシコ)
ビビラの丘からの眺め


毎年、中谷さんがどの国に行ってきたのか、どんな写真を撮ってきたのか気になりますが、今回は今までになかった北米大陸と中南米の写真が出迎えてくれます。
風景のスケールの大きさと、ヨーロッパの街にはない色彩が見どころです。
しかし場所は違えど、どの写真にも中谷さんの写真特有の「色」を見ることができます。



パツクアロ(メキシコ)
夜明けの旧市街・ラコンバニア広場にて


もともと絵を描くための素材として写真を撮り始められた中谷さんは、じっくりと腰を据えて写真を撮るよりは、旅先で出会って「いいな」と感じた印象をさっと切り取り、後で他の人にもそれを共有してもらいたいと願っています。
そのためにポストカードやポスターの印刷のためのインクや用紙には特別のこだわりがあります。


ニューヨーク
ブルックリンブリッジの歩道


それに加えて、今回の旅からカメラをミラーレス一眼に変えたそうですが、その場で仕上がりをイメージできることが中谷さんの撮影スタイルと非常にマッチして効率よく撮れるようになったそうです。また、撮影時に写真を加工する「アートモード」の楽しさに目覚めてしまい、意図的に処理を加えた写真も撮るようになったそうです。
もともと人間の目には色が鮮やかに見えるようになっているため、作者が伝えたい印象をよりよく伝えることに成功しています。


バンフ国立公園(カナダ)
マリーン湖にて


世界各地のさまざまな地方や街を旅しているような体験ができる、数百種類のポストカードが集まる機会はなかなかありません。旅した土地の思い出を持ち帰るように、写真の中に切り取られた街や風景を手に取ってご覧ください。


アルゴンキン州立公園(カナダ)
ハートウッド・ルックアウトトレイルにて



「中谷守一写真展~印象・旅の風景より~」は、3月12日(木)まで開催しています。 
10:00-18:00 会期中無休(最終日のみ15:00) 

中谷さんのホームページには、ギャラリー在廊日の情報のほか、各地のマーケットや手づくり市での中谷さんの出展予定も掲載されています。



2015-02-26 16:00:43

ページトップへ戻る

灯と屏風展

灯と屏風展


WAZAGUギャラリーにて、照明デザイナーで和びDESIGN主宰・水野美代子さんの和紙を使った和モダンな照明と、表具師・山品雄三さんの伝統的な技術を使ったオリジナルのミニ衝立や屏風を展示する「灯と屏風展」を開催中です。(2/24まで)
















2015-02-17 13:20:50

ページトップへ戻る

ヒツジパレットの賑わい

ヒツジパレットの賑わい


5日間にわたって行われている「ヒツジパレット2015京都」。
WAZAGUも連日多くの人で賑わっています。



一階ギャラリーでは作品や素材の販売のほかにもスピンドルやニードルの実演が行われています。



ギャラリーではみやこうせいさんの写真展「羊バンザイ」を開催中。



三階ではモンゴルのゲルが出現。
伝統的なフェルトづくりのワークショップなどさまざまなイベントが行われています。



羊毛を敷き詰めたシートでフェルトを作ります。



棒に巻き付けたフェルトをコロコロと転がして固めます。



ゲルの隣では羊の置物を作るワークショップが行われています。



ギャラリーの特設ショップも盛況です。

2015-02-07 11:06:16

ページトップへ戻る

羊がやってきた

羊がやってきた


開催中の「ヒツジパレット2015 京都」にあわせて、WAZAGU1階エントランスのウッドデッキに1日だけのスペシャルゲストがやって来ました。滋賀県の農業試験場から来た羊さんです。



トラックから降ろされてすぐの間は落ち着かずにそわそわしていましたが、その後は声ひとつ立てずにおとなしく二頭で寄り添っていました。



写真を撮ったりなでたりする人に囲まれています。



なんともいえない穏やかな表情です。







2015-02-06 15:10:32

ページトップへ戻る

ヒツジパレット2015 もうすぐ始まります

ヒツジパレット2015 もうすぐ始まります



羊毛を中心とした織り、編み、フェルトの公募展ヒツジパレットの開催が近づいてきました。
京都文化博物館のほか各所でワークショップ、レクチャー、実演が開催され、国内外からたくさんの作品、アーティストが集まる一大イベントです。

京都国際工芸センターではワークショップのほか、1階ギャラリーでも実演販売、写真展、3階ではモンゴルのゲル設営、モンゴルの伝統的なフェルトの敷物の制作実演が行われます。

数日前から3階ではモンゴルのゲル設営が始まっています。
モンゴルの冬に比べると日本の寒さはなんでもないそうで、モンゴル人の皆さんはいつも笑顔で楽しそうに作業されています。

今回は外側の覆いがなく骨組みのみですが、中の構造がよくわかり面白いです。
敷物やいろいろな小物なども雰囲気たっぷりで、気分はまさにモンゴル。


2月5日には、1階ウッドデッキになんと本物の羊が2頭やって来ます!
羊毛を用いた作品だけでなく、羊に関わる文化や本物の羊に触れあえる絶好の機会にぜひ足を運んでみてください。

ヒツジパレット




■公募展 京都文化博物館 5 階  入場無料
2015 年 2 月 5 日(木)~ 8 日(日)10:00 ~ 18:00(初日 12:00 開場、最終日 17:00 まで)

■ワークショップ
会場:ハートピア京都(3 階、4階)、京都国際工芸センター(1階、3階、5階)
※申込は締め切りました

「羊の置物作り」 ※当日受付 ¥500 京都国際工芸センター3階  毎時00分~

■連携プログラム
ひつじマルシェ 2月5日~8日京都文化博物館6階 入場無料

■手仕事の原点の実演 入場無料

モンゴルのゲル設営
モンゴルの伝統的なフェルトの敷物の制作実演 
2/5(木)~2/8(日)
(京都国際工芸センター3階と1階ウッドデッキ)

羊と触れ合う 羊がやってくる(京都国際工芸センター1階ウッドデッキ)
2/5(木) ※雪の場合は中止

■作品の展示即売・写真展 京都国際工芸センター1階ギャラリー 2/5(木)~2/8(日) 10:00~17:00

2015-02-03 14:06:40

ページトップへ戻る

前のページ   次のページ 1234567891011


このページのトップに戻る

京都国際工芸センター

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側275
電話番号:075-532-1666
営業時間:10:00~19:00
年中無休