玄匋庵 長樂窯 小川長樂・裕嗣

会員名玄匋庵 長樂窯 小川長樂・裕嗣
所在地〒607-8322 京都市山科区川田清水焼団地町4-7
WEB
電話番号075-581-0425
会員情報

長樂窯は初代小川大治郎が慶入の弟子となり、20年間の修行の後、建仁寺四代管長竹田黙雷老師より「長樂」を、今日庵十三世円能斎宗匠より「長友軒」の号を賜って明治39年に独立、平成18年には開窯百周年を迎えました。

平成四年に醍醐寺座主、麻生文雄門跡より「松風軒」の号を賜った小川幸雄が、三代長樂を襲名。その後和歌や俳句の見立作品に新境地を拓き、炫燿黒樂、緋襷礫釉、皓彩釉などの新技法に取り組み伝統の樂焼に独自の世界を築かんと研鑽し今日に至っております。

また、子息・裕嗣は樂焼は元より本焼にも取り組み、父子共に日本橋三越をはじめ各地の百貨店、ギャラリーにて個展及び父子展等で作品を発表しております。

PAGE TOP